京都北山ホメオパシーセンター

代謝を変えれば全てが変わる!!

日々舌を見ること Vol.2 白い舌の意味 

約 2 分
日々舌を見ること Vol.2 白い舌の意味 

病態を表す舌色の種類

病態を表す舌色は、
淡白・紅・絳・紫・青の5種類に分けられます。
sita-iro紫に関しては、熱でも寒でも起こりえます。

白い舌

white-sita
白い舌は、大きく分けて

  • 気と血が足りていない時
  • 温めたり、動かしたりする力が足りない時
    (結局は血が足りなくなる)

の二つに分けられます。

ざっくりとイメージすると
本来ピンクの舌色が白っぽいのは

  • 「貧血で蒼白になる」
  • 「冷えて赤みが薄れている」

と考えてください。

ホメオパシーのレメディーで考えてみると

気が足りていない場合はPsor.
血が足りていない場合はChin.が使いやすいです。

今はあくまで、舌の色だけで見ています。

もっと勉強したい方は
形、質感、舌苔、大きさなどなど
どんどん深めていけますよ。

舌診は、間口は広いですが
奥行きも驚くほど深いです。

ちなみに、もっと具体的な症状があれば
純粋なホメオパシーのやり方で
アプローチする方をお勧めします。

そして、
慢性疾患はやはりプロにお任せくださいね。

次回は、紅舌です。

紅舌
紅舌の色

8月3日(水曜日)に大阪江坂にある
Chhom大阪校で
舌診とホメオパシーを融合させた
セミナーというかお茶会を行います。

実際の写真を交えて
お話するので、より具体的にイメージできますよ。

ホメオパスについて

京都北山センターホメオパス町田 亮介
JPHMA認定ホメオパス No.666
Zenメソッド認定
はり師・きゅう師国家資格保有
日本クラシカルオステオパシー協会
基礎コースW1,W2,終了

完全予約制 10:00~18:00

TEL:070-4388-6838