京都北山ホメオパシーセンター

代謝を変えれば全てが変わる!!

高城剛氏オススメ 第二弾 刺絡療法を初めて試してみた。そして驚愕の結果に。

約 4 分
高城剛氏オススメ 第二弾 刺絡療法を初めて試してみた。そして驚愕の結果に。

こんにちわ

なんでも自分で試したくなる
「いい癖」を持つ
プロホメオパス
兼鍼灸師見習い
京都北山のホメオパシーセンターの
町田亮介です。

刺絡療法

さて今回は刺絡療法の紹介です。

実は前回紹介した書籍
「life Packing2.1」に
刺絡療法というものがありました。

刺絡療法とは
指先にある井穴という
気が湧き出るとされているツボに
針を刺すことで刺激を与え
気血の流れを促進させ
免疫を上げるという療法です。

赤い点が井穴
赤い点が井穴

実はこの療法
自分の体調にあった知識さえあれば
自宅で自分に行えるんです。

針を刺すというのは
一見難しそうですが
現在では便利な道具があり
敷居は低いです。

道具の名前は
“メディセーフ・ファインタッチ”
家庭で血糖値を計るために
少し血を出させる道具です。

これが「Life Packing 2.1」
に紹介されていました。

実はこれアマゾンで買えちゃいます。
僕の記憶が確かなら
去年までは、
使い捨ての針に関しては
薬局でしか買えませんでした。
法改正があったのでしょうか?

試してみた結果

早速試してみました。

これは使い捨ての針をセットするだけ
あとはボタンを押すのみで
痛みもほとんど無く
安全です。

以前、糖質制限について
研究している時に
この道具を使っていたので
手元にはすでに、
この針がありました。

ラッキーです。

さてさて結果から言うと
これはすごい!!
正直驚きました。

実は夏になると
僕の手の甲の
親指と人差し指の延長線上のV字の範囲に
発疹が出ていたんです。

発疹の場所
発疹の場所

特に海水浴に行った後は
ここ5年ほど
そこだけ真っ赤になっていました。
太陽光アレルギーだったのかもしれません。

ポイントは、「だった」
そう、過去形です。

特にヒリヒリもせず
不都合もなかったので
放っておいたその発疹。

刺絡で一発で治っちゃったんです。

もう一度言います。
一発で治っちゃったのです。

厳密に言うと
「症状として出なくなった」ですが。

肌に出るというのは、
結局体内の悪いところの表れです。

体には経絡という
気の流れるラインがあります。

臨床において、
体のバランスが崩れると
そのラインに対応した臓器の乱れが
何らかのサインとして出る傾向が
強いことが見て取れます。

今回はその赤みの出ているラインが
大腸経のラインでした。

大腸経ラインと発疹の場所
大腸経ラインと発疹の場所

当然大腸経の井穴にうちます。
(親指の爪の左下角)

そして翌日、翌々日…..

あれ?
赤くない。
発疹が出ない。

これもしかして治ったの?

たかだか、一回の針の刺激で
こうまで体が変わるものなのか?

正直、興奮しました。

細かい説明は、また次回に譲りますが
これアトピーに効果絶大だと思う。

色々試してみるもんだね。

ホメオパスについて

京都北山センターホメオパス町田 亮介
JPHMA認定ホメオパス No.666
Zenメソッド認定
京都医健/鍼灸科在学中
日本クラシカルオステオパシー協会
基礎コースW1,W2,終了

完全予約制 10:00~18:00

TEL:070-4388-6838